清水寺から高台寺(10月)

□東山の森づくりに参加しよう!「キクタニギク散策道の補修活動」を開催しました。


京都伝統文化の森推進協議会(以下,協議会)では,平成29年5月10日(水)午後1時から午後3時30分,京都市高台寺山国有林 菊渓川沿いの森林において,東山の森づくりに参加しよう!「キクタニギク散策道の補修活動」を開催しました。

キクタニギクを植栽した菊渓川沿いの散策道は,降雨等により洗掘を受け,歩きにくくなっています。今回の作業では,「石ぎんちゃく袋」と名付けたネット袋の中に小石や伐採木の端材を入れ,洗掘した箇所を埋め戻す新しい工法を採用しました。協議会森林整備・景観対策専門委員である高田研一委員の指導のもと作業を行い,3月に植栽したキクタニギクや京の苗木が順調に生育している様子も確認することができました。




  3月に植栽したキクタニギクの株


補修活動により,歩きやすい散策道へと改善され,より菊渓へと入りやすくなりました。

協議会は,今後も京都大阪森林管理事務所や京都市と連携し,森づくりに取り組んでいきます。