清水寺から高台寺(5月)

□公開シンポジウム「火と水と森とアート」を開催しました。

京都伝統文化の森推進協議会(以下,協議会)では,平成27年3月10日(火)午後1時~午後5時まで,京都大学稲盛財団記念館 3階大会議室において,京都大学こころの未来研究センターと共催で,「火と水と森とアート」を開催し,38名の方が参加されました。


美術家・写真家 勝又公仁彦氏
による講演


陶芸・美術作家 近藤高弘氏
による講演


演出家・美術作家 やなぎみわ氏
による講演


総合討論の様子


美術家・写真家 勝又公仁彦氏による基調講演「火とアート」,陶芸・美術作家 近藤高弘氏による基調講演「水とアート」,演出家・美術作家 やなぎみわ氏による基調講演「森とアート」の後,協議会会長 鎌田東二氏を司会とし,勝又公仁彦氏,近藤高弘氏,京都大学 吉岡洋教授,京都造形大学 大西宏志教授,秋丸知貴氏による総合討論が行われました。


協議会では,今後も「京都の森」について理解を深めることができるよう,様々な活動を実施していきます。これからも皆様の積極的な御参加をお待ちしております。