清水寺から高台寺(5月)

□「薪割り大作戦&ウオーク2013」を開催しました。

京都伝統文化の森推進協議会(以下,協議会)では,林野庁京都大阪森林管理事務所,(公財)京都市森林文化協会,朝日新聞,京都市らと共催で,平成25年12月7日(土)午前9時〜午後2時に,京都市東山周辺と高台寺山国有林において,枯れた木の薪割りを体験することで森を守る活動に参加するイベントを開催しました。

当日はお天気も良く,134名の参加があり,森林インストラクターと森の中を歩きました。温かい豚汁のふるまいや参加賞のプレゼントなどお楽しみもたくさんありました。

併せて,12月3日(火)・4日(水)・5日(木)各午前9時30分〜正午,7日(土)午後0時30分〜午後3時に高台寺山国有林内防火貯水槽周辺及び東山山頂公園周辺において,協議会関係者を対象とした薪割りイベントを開催しました。それぞれ,24名,26名,19名,25名の参加がありました。




3日の様子


4日の様子





今年は八坂神社がスタート
ご祈祷をしていただきました


まだ紅葉がきれいな場所もありました





山頂公園での薪割り作業


温かい豚汁の振る舞いも





今年は例年になく
たくさんの薪ができました


ゴール地点では号外が配られました


 


午後からもどんどん薪を作っていきます


午後から参加のみなさま



 

今年は,薪割り作業も班別行動にすることで,効率良くたくさんの薪を作ることができました。例年に引き続き,ヒノキの折箱や割箸を使用し,使用後はたき火で焼却し,ゴミの減量にも努めました。


協議会では,今後も多くの方々に森に関心をもってもらえるよう,様々な活動を実施していきたいと考えております。また,これからも皆様の積極的な御参加をお待ちしています。