清水寺から高台寺(5月)

□「清水山山頂の景観改善に向けた森づくりC」を開催しました。

京都伝統文化の森推進協議会(以下,協議会)では,平成25年4月12日(金),清水山山頂付近及び成就院北側の山林において,「清水山山頂の景観改善に向けた森づくりC」を開催しました。

当日は植彌加藤造園の職人さんの指導の下,清水寺 大西真興 執事長はじめ,青蓮院門跡 東伏見慈晃 門主,清水寺門前会,祇園商店街振興組合等の支援協力団体から42名の方々が参加され、常緑中低木の除伐作業を行いました。


開会式
当日はお天気に恵まれました。



田専門委員の説明


植彌加藤造園さんのご指導の下
作業を進めます。


自分達の作業で明るくなった森を
見上げます


   参加された皆様お疲れさまでした

作業前・作業中に田研一専門委員から,今回の作業の効果や目的などの説明があり,高い目的意識を持って作業を進めることができました。また,実際に林相改善事業を実施した箇所でも説明を受けました。

協議会は,今後も林野庁京都大阪森林管理事務所や京都市と連携し,東山風景林の景観改善に取り組んでいきます。