清水寺から高台寺(5月)

□「水都おおさか森林の市2012」に出展しました。

京都伝統文化の森推進協議会(以下,協議会)では,平成24年10月7日(日),林野庁近畿中国森林管理局周辺(大阪市)において開催された「水都おおさか森林の市2012」に,林野庁京都大阪森林管理事務所,(財)京都市森林文化協会と共同で出展しました。

昨年に引き続き,協議会活動を広く知っていただくために,京都三山の現状や協議会の概要及び活動について紹介をしたパネルの展示や,森林の現状や協議会の活動内容についてのクイズを出題し,正解者の中から20名にサポーター関連の景品が当たる「伝文クイズ」を行いました。
また,共同で出展した林野庁京都大阪森林管理事務所での木工教室,(財)京都市森林文化協会の工作教室「竹とんぼをつくろう!」,木工製品販売も大変人気で,たくさんの人々で賑わいました。やや風の強い時間帯もありましたが,お天気にも恵まれ,ブースには約350名の方が訪れました。


協議会展示ブースの準備の様子
昨年よりも少し狭いテントでした


サポーター関連景品が当たる
大人気の「伝文クイズ」


「竹とんぼをつくろう!」
タケコプターじゃないよ…


木のストラップに木の置物・・・
自由に色々なものが作れる「木工教室」


昨年よりも少し狭いテントでしたが,場所は人通りの多い場所で,たくさんの方々に協議会の活動を知っていただくことができたのではないかと思います。

今後も協議会の活動が,より多くの方々に認められ,それらの方々が森林や環境,また,京都という素晴らしい都市について,関心を持っていただけるように,広く情報を発信していきたいと考えております。