清水寺から高台寺(10月)

□ 第3回東山森林セミナーを開催しました。

京都伝統文化の森推進協議会(以下,協議会)では,サポーターや活動協力団体の皆様に,もっと東山の森林の現状について知っていただくため,協議会専門委員の先生からわかりやすい御講演をいただく,東山森林セミナーを開催しております。


去る平成21年1月23日に,第3回東山森林セミナーが開催され,サポーターや活動協力団体の皆様,協議会委員・専門委員,行政関係者など,約50名が参加しました。


今回は,今年最初のセミナーということで,協議会会長の山折哲雄先生に御参加いただき,新桃太郎説話と環境・教育とのつながりについてのお話をいただきました。柳田国男の「桃太郎の誕生」を題材に大変興味深い考察を展開していただきました。

次に,「絵図などから辿る東山の森林の変遷について〜江戸時代から現在まで〜」をテーマに,協議会 森林整備・景観対策専門委員で,京都精華大学人文学部環境社会学科教授の小椋純一先生に御講演いただきました。昔の絵図の中から写実的に描写されたものを選び,森林の植生の歴史を検証するという手法を用い,華洛一覧図や帝都雅景一覧を例に,京都の東山のかつての姿やその変遷についてお話いただきました。


今後も東山森林セミナーを定期的に開催し,支援協力者の皆様に森林についての見識を深めていただこうと考えておりますので,皆様の御協力をお願い致します。