清水寺から高台寺(10月)

□ 「水都おおさか森林の市2008」に出展しました。

京都伝統文化の森推進協議会(以下,協議会)では,平成20年10月11日(土),12日(日)の両日,近畿中国森林管理局周辺(大阪市)において開催された「水都おおさか森林の市2008」に,京都大阪森林管理事務所と共同で出展しました。


出展ブースは,テント一張といった小さいスペースでしたが,協議会活動を広く一般に知っていただくため,「京都東山の森林の変遷と現状」,「京都伝統文化の森推進協議会の概要」,「京都伝統文化の森推進協議会の活動紹介」,「京都東山の抱える問題及び委員,サポーター,活動協力団体の紹介等」の4枚のパネルを展示するとともに,それらの内容についてクイズを出題しました。また,協議会事務局員が風船でイヌやネズミなど作り,見学に来た子どもたちを賑わせていました。

2日間の展示で,協議会ブースを訪れた方は約400名いらっしゃいました。

今回の出展で,協議会の趣旨や活動,それに協力していただいているサポーターや活動協力団体の皆様についての情報を発信することができたと思います。

今後,協議会の活動がより多くの方々に認められ,それらの方々が森林や環境,また,京都という素晴らしい都市について,関心を持っていただけたらと思います。



クイズの解答者については,正解者の中から抽選を行い,30名様に景品をプレゼントしました。



ブースには多くの方々にお越しいただきました。


熱心にパネルを読んでいただきました。


子供たちも大勢集まってくれました。